スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラレールまんま300系ワカサギ用電動リール

300系のぞみ型  右手用
CIMG6164.jpg




300系のぞみ型  左手用
CIMG6143.jpg

CIMG6138.jpg

CIMG6144.jpg

CIMG5661_resize1.jpg

CIMG5662_resize1.jpg

CIMG5663_resize1.jpg

CIMG5668_resize1.jpg

CIMG5695_resize1.jpg


 写真はプラレールのモーターユニットをそのまま使用し、駆動輪にスプールを取り付けて電動リールに改造したワカサギ用電動リールです。スプールのフリー機構はプラレールの機構をそのまま利用しています。

 プラレールの機構は電池で走らせるだけでなく、OFFのときは車輪のロックがフリーになり、子供が手で転がして遊べるようになっているところがワカサギ用電動リールには好都合な点です。

 難点はフリーの状態でも歯車を3ヶほど引きずっていますのでその分が抵抗になり、軽いオモリでは落ちないか、落ちても落とし込みのスピードが極端に遅くなり、いずれにしてもそのままでは具合が悪いのでこの部分の改造/調整がキモになります。そこさえクリアーできればレバー操作オンリーでロック/フリーが出来る電動になります。

 巻き上げパワーに関してはギア駆動なので外道のニゴイ、ハヤ、ヤマメでも他に走られてお祭りになる前に楽々引き抜けます。巻き上げスピードはDCモータをPWM制御でコントロールしていますので、ボリウムで超スローから高速までトルクの減少がほとんど変わらずに巻き上げる事ができます。

 製作自体は、プラスチックの加工なのでプラモデル作りのセオリーと同じです。DCモータのPWM制御はキットなので基本のハンダ付けレベルの工作です。


【300系のぞみ型 その1へ】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。