スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイッチ配線関係 完成

スイッチと配線関係
CIMG5475_resize1.jpg
CIMG5503_resize1.jpg
センタースプル方式のため、左右どちらの手でも使えるので、プッシュスイッチを左右に取り付ける。
これは部品取りで家にころがっていた物を流用、たぶんカセットデッキか何かに使ってあったもの。

CIMG5477_resize1.jpg
穂先を付ける市販のジョイントを取り付けるためのプラ棒をセンターから伸ばす。
角のプラ棒しかなかったので市販のジョイントに合うように削った。

CIMG5498_resize1.jpg
市販ジョイントの取り付け。手に入ったのが5mmφだったのですべてそれで行くことにした。
スムーズな落とし込みのため仮にラインを張り、ガイドとラインが一直線になる場所を探る。

CIMG5510_resize1.jpg
CIMG5511_resize1.jpg
単三型電池ボックスの配置
さすがに中には入らないので、底に付ける事にした。

CIMG5501_resize1.jpg

CIMG5543_resize1.jpg
キルスイッチも当初埋め込みにしていたが、スイッチ自体が不調だったので横置きに変更。DE10の手すりの隙間にジャストフィット。
バックラッシュ対策でスプルからのガイドライン(白い筒)も内部へ設置。

CIMG5547_resize1.jpg
配線の処理。プッシュスイッチ2つとレバースイッチ1つ、切るスイッチを組み込むと、それなりの配線になる。このあと外部電源用のDCコネクタも組み込む。
基本プラレールの外装まんまなので、開け閉めは楽。

CIMG5551_resize1.jpg
PEラインを巻き、スプール周りに不都合がないか確認。

CIMG5545_resize1.jpg
2CR用の電池ボックスを入手したので単三型電池ボックスを止めて、2CR仕様にする。
耐寒性は良いとしても、電圧が3Vに上がったのは良くないかも知れない。たぶん巻き上げが早すぎる予感がする。

CIMG5645_resize1.jpg
DCコネクタの取り付け

CIMG5647_resize1.jpg
CIMG5650_resize1.jpg
プラの宿命として、落とせば必ず沈む。
水没防止対策として外部バッテリーにすることで、水没防止装置を兼ねる方が安全かも知れない。

とりあえずDE10型電動リールはこれにて完成
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。