スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DD51北斗星 プラレール

DD51北斗星

プラレールの動力ユニットの部品取りで物置を漁っていたら、DD51を北斗星仕様に改造していたプラレールが出てきた。
ノーマルは確かウヲームギア仕様だったような?違ったような?ギアユニットごと当然のように高速ユニットに換装しているからわからない。
奥側にあるように、今は北斗星仕様が発売されているようだが、当時はオレンジ車体のやつしか無かったのでそれをベースに改造した。北斗星仕様があれば楽だったろうな、特に金色のラインが・・。

DSCN5314.jpg

DSCN5310.jpg


まあアレだ重連仕様だから2両ある。
正確な理由は忘れたが動力ユニットは2両目に積んだ。
先頭車両はライト専用電池ふくめての装置を付けたから、ユニットが入らなかったからなのか?ふた昔以上前のことなので忘れた。
ただそうなると、プラレールノーマルの連結器では、後ろから前の車輌を押すことは出来ないので連結器は新造した。5mmのプラ棒を立方体にしてジャイロのような上下左右に動く仕掛けを作って対応した。
基本的に両車輌は当然外れない。厳密に言えばステン線を引き抜けば外れるのだが、ぶっ壊れやすいから繋げたままだったような。

DSCN5765.jpg


先頭車両は極力手を入れたが、諸々紛失していた。
手すりはステン線と真鍮線の手曲げで対応。
どう考えてもめんどくさそうな作業だが、当時はまだ目が利いたから出来たのかも知れない。

DSCN5762.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。