スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2両目【モーターの考察】

巻き上げスピードを上げるには、電源電圧を変化させたり、ギア比を変えたりとその手法は数あるが、その前にマズは基本中の基本、モーター自体の性能を考察してみようと思う。

【FA-130モーター】
消費電流:1,100mA
回転数:13,800rpm(無負荷時)
    9,900rpm(適正負荷時)
最大トルク:10g-cm
重量:17g
製造メーカー:マブチ、S.T.D.Motor、SMC Motor

「モーターといえばマブチモーター」それの代表作と言えるFA-130型。
プラレールやミニ四駆などもこのモータを使用している。
ミニ四駆で言うところのノーマルモーター。

DSCN5375.jpg

同じ規格というか同サイズの (ぱちモン)も多数出回っている模様。
下のは、あるモータコントロールキットに付いていたモータ。刻印等一切無しでメーカーも不明。
キットの設計書には5,200rpmとだけ書いてある。

DSCN5374.jpg

回してみれば回転数の違いは一目ではなく音で分かる。
上は明らかに遅い鈍重な音。
マブチの純正は甲高い尖った音。
設計書と仕様書の回転数が正しければ、両者では4,700rpmも回転数に差がある事になる。この差はデカい。
回転数が遅くとも、相応のトルクが出ているというのならまだしも、それもないな。
軸つまんだら止まりやがった、まあこの手の付属品はおまけだから。

DSCN5376.jpg


実際のモータ回転数はどのように調べるのか?
モータの場合計算により求めているようだが、素性の知れたモータなら分かるのだが、仕様書のない ぱちモンのモータでは計算のしようがない。

それに個体差もあるだろうから、自動車のベンチテストのような測定を。と思ったんだが。
モータとモータをつないで回転数検出センサ付けてなのだが、、、めんどくさい。もう音で判断すればイイや。という事で「マブチ純正モータの音」と「自称5,200rpmの音」を基準により分けた。

DSCN5377.jpg

スピード遅くて弱いトルク。どこに需要があるのやら?
これはもういらんね。

DSCN5379.jpg

300系電動は、もとがノーマルモーターだからモータ自体を変えれば、スピードとトルクも稼ぐ事が出来るので、モータは変える方向で進める。
何より手っ取り早いからイイ。
数百円の話しだからカネで済むならその方が楽だ。
 
しかしアレだ、そうなると
100均製品にもFA130と同型のモータを使用しているグッズがあるが、
あの ぱちモーターは一体いくらなのだろうか?
見当も付かないが、
数十円でアレだけのモータを作り、まがりなりにも回転するのだから。それはそれですごい事だ。


3両目【ギアユニットの考察】へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。