スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動糸留めを使用したオモリの製作

オモリ製作

ワカサギ用のオモリも、ナス型や棒形、材質がタングステンなど様々なタイプが市販されているが、

自作した穂先との重量バランス、それを使用した水深や水流など様々な要素を加味して考えた場合、

市販品ではナカナカ好みの条件に合致する物は少ない。

そうなると自作と成るわけだが、自作するからには例のごとく交換のし易さも考えて製作してみた。


・製作時、目方の刻みやすさで基本は板オモリを使用。

・交換しやすさで、自動糸留めを使用して製作することにする。


製作に関しては至って簡単、
先に自作した糸留めや、市販品の自動ハリス止めなどを丸めた板オモリに差し込み
粘度のある瞬間接着剤やエポキシ樹脂などで固定するだけ。


下記の写真では、両サイドを曲げているが実際は片方のみを曲げて、
すっぽ抜けを考慮して、オモリにつっこむ方に抜け加工を施す。
CIMG6050_resize1.jpg

オモリ両サイドに、自作糸留めを入れたもの。
一番上の中通しは、市販オモリの横に穴を開け自動ハリス留めを仕込んだもの。
CIMG6056_resize1.jpg

オモリ片側に市販のサルカン付きの自動ハリス留めを組み合わせて仕込んだもの。
CIMG6059_resize1.jpg



不要オモリの活用

ワカサギ釣りも数を重ねると、既成の仕掛けにオモリが付いている物などもあり、
ナス型のオモリが無駄に貯まるのでこれを利用してみる。

ナス型オモリを2分割して、先に自作した自動糸留めを組込む。
ニッパーで楽に切れるので好きな位置で分割する。
分割する位置のさじ加減でオモリの重さを変えられるので、そのつど計測して好みの重さにする。
CIMG6125_resize1.jpg

CIMG6126_resize1.jpg


1.5号のナス型オモリを、約半分で2分割すると約3gのオモリが2つ取れる。
これは惜しげなく使えてイイ。
CIMG6123_resize1.jpg

CIMG6122_resize1.jpg
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。