スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線0系簡易型ワカサギ用電動リール

新幹線0系プラレールを使用して
 誰でも使える簡易型ワカサギ用電動リールを製作



CIMG5976_resize1.jpg


スイッチ類が多いと初めての人には使いにくいので、初めての人に渡しても迷わずに使えるようにデチェーンする。

巻き上げスイッチとラインのフリー機構の2系統のみで製作。


・電源電圧は既成のプラレールの電圧そのままで製作。
 (モータスピードは可変させない、巻き上げスピードは固定)

・巻き上げはプッシュスイッチひとつ。

・フリー機構はレバーひとつ。

・安全のためキルスイッチは付ける。
 (プッシュスイッチで尚かつ巻き上げスピードも遅くしているが安全のため付ける)

こんなコンセプトで製作しました。


CIMG5969_resize1.jpg

CIMG5970_resize1.jpg
スプールはいつもの、内径50φ外径40φ厚さ0.3mmのプラ板で、23φ4mm圧のホイールをサンドイッチする構成。
ラインストッパーは2ヶ設置。


CIMG5968_resize1.jpg
脚が出ている以外はほとんどプラレールのまんまの外装。
0系特有の丸みを帯びた先頭形状により、アタリがやわらかくこれは持ちやすい。

操作方法は、マウスを握るように右手で持ち、人差し指でレバー操作とスイッチングを行う。



CIMG5972_resize1.jpg
既存のレバースイッチは、ギアのフリー機構のみ行い、巻き上げはプッシュスイッチで行う。
使い勝手を考え、プッシュスイッチも指を離せばOFFとなる物を選択。
初めての人は1本竿が効率がよいので、二本竿用の自動巻き上げは付けない。


CIMG5973_resize1.jpg
電源電圧はそのまま単二形1.5V使う。重いようなら、単二形と単三形は長さが同じなので、
単三形に段ボールなどを巻き、径を太くして使用すればその分軽くなる。


CIMG5974_resize1.jpg
無駄な装置だが、本来のプラレールとして働いていたときの前方ライトを後付けしていたので、
そのまま使用し、巻き上げ時に点灯するようにしておいた。

正直、電源の無駄。

重 量
ラインと単二形電池で158g。安定重視。
CIMG5979_resize1.jpg

ラインと単三形電池で116g。
CIMG5980_resize1.jpg

単二形電池だけで49gもある。電池一個で軽量型よりおもい。
CIMG5981_resize1.jpg





外部電源DCコネクタの取り付け

やはり巻き上げが遅いので、外部電源の3V電池ボックスを取り付けられるようにする。
初めてこの電動を使用する不馴れな人でも、
キルスイッチが入っているので、ハイスピードゆえに巻き上げすぎても止まるだろうから仕込むことにした。

車輌本体の電池ボックスはそのままなので、1.5v/3.0v共用と言う事になる。



DCコネクタ
これも大小いろいろなサイズがあるので、すべて同一サイズでそろえている。
外部電源の電池ボックスからの、オスジャックは電池ボックスの数だけでよいが、メスのコネクタの方は電動リールに仕込む数だけいるので、多めに買っておいた。
CIMG6019_resize1.jpg

CIMG6022_resize1.jpg


電池が抜けたので、重量はライン込みで90gとなった。
CIMG6024_resize1.jpg

外部電池ボックス込みの総重量は170g。
CIMG6025_resize1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 坊主は6匹でした

基盤はキットですよ。

カメラもイイし
構図を取るのが上手なのでどれもイイ写真でしたよ。
すべて納めました。

釣果は出なかったですが、ヒレ酒と森伊蔵が一升有ったから釣果はどうでも良かったですね。
また行きましょう。

坊主は6匹でした

ちわっす。
今日はお疲れ様でした。
プラレールの新幹線、基板まで自作!?
何がオカシイって、あの時代物の天秤です。
さすがです。
今日の集合写真、どうやって皆に配ろうかな…。
ドーム船の屋根にカメラ載せて撮った写真、結構な出来かと思います♪
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。