スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【0系内部ユニット点検と改修】

【0系内部ギアユニットの点検と、スプルへの囲い、スイッチ位置の変更】

主力である300系の製作が先決なのだが、製作自体を最後にしたいのでアレもこれもと考えていたら、作業量がやたら増えてそれに伴い部品の調達がままならないので、0系をちょっといじることにした。

マズは割れの目立つ内部ギアの点検と、ついでにモタを交換しようと思う。

DSCN5537.jpg

このクラスのモタに抑えておくところが大人だ。
ピニオンギアは4駆のプラ仕様を選択。別に意図はない、歯数も同じ8歯数。
割れ(裂け)にくくなるだろうぐらい。

DSCN5551.jpg

そんなモタ積んだらギア割れのリスクが更に高まるんじゃね?
意味ないじゃん?
という向きもあるが、ギアとシャフトの間一つ一つに瞬間接着剤を流し込んで、
ギア割れのリスクを減らす。
仮に割れても、
落とし込みなどの回転は悪くなるが、水面下に落とし込んだまま巻き上げられない。
と言う最悪のリスクは減ると思う。

DSCN5558.jpg

アキバの部品屋で余計な物を購入したというのもある。
モタのコントロールキット。この手の制御方法はちょっと嫌な予感もするのだが・・・

DSCN5486.jpg

まあ基盤は小さいので、搭載自体は余裕。
DSCN5574.jpg

モタの最大電圧の1/4電圧になるように調整しろとか。
洒落臭いことが書いてある。が、ちゃんと従うところがこれまた大人だ。

DSCN5555.jpg
DSCN5554.jpg

電圧範囲は2.75〜6Vだから、電池3本直列の4.5Vで回してみたのだが、
電圧自体を加減しての制御なのでなんだかなぁ。とか、考えていた。
実際に載せる気満々だったからココまで進めていたのだが、急にトカトントンが響いて急速にやる気がなくなり搭載はやめた。

DSCN5563.jpg

握った位置を鑑みてスイッチ位置を前方へ移動。
DSCN5564.jpg

以前のスイッチは、下側の車輌部のギアユニットの上に付けていたのだが、面倒なので外装の車体部に付ける。
こうなるとコードが車体と車輌部を繋いだ状態になるので、完全分離には成らないのだが、そうそう外さないので良しとする。

DSCN5565.jpg

握ったときスプルに触ることもあるので、柵を付けて見た。
DSCN5578.jpg

スプルは薄いプラ板なので、持つときに気を遣うから。良い処置かも知れない。
DSCN5577.jpg

ひとまず0系はこれでお終い。

【ちょっとスカート部の手直し】

ちょっと気になった、気になるといじらずにはいられない性格。ワカサギ用電動リールには、微塵も関係のないカ所なのだが、やっぱり気になるこのアヒル口。ヘラじゅないんだから。見るに堪えない。
DSCN5620.jpg

旧車輌に付けたギミックをこちらにも再現したい。のだが、旧車輌部はスカート部全体をエポパテでそっくりそのまま造形したのだが、そこまでの情熱は今はないのでサラリと行う。
DSCN5622.jpg

車輌部の色もヘンなので濃いめに修正して、塗り直した。
下回りが落ち着いて、顔が精悍になったと思う。

DSCN5631.jpg
DSCN5633.jpg
スポンサーサイト

【プラレール 0系新幹線 ひかり号】

【新幹線 ひかり号】

夢の超特急と呼ばれた、ひかり号。
高度成長期の象徴とでも言うべきか、
ある一定以上の年代には、ノスタルジーを感じる響きでもある。


「プラレール」としての役目を終えた今、ワカサギ用電動リールとして生まれ変わったのではあるが、今でも車輌部にはそのまま付いてしまう。
なので、当時のスカート部にもギミックがあれこれ再現されている。



DSCN5315_resize1.jpg

DSCN5317_resize1.jpg

色は違うが、元の形状はこれ。
DSCN5328_resize1.jpg

これはドクターイエローだが、色が違うだけで形は同じ。
現在は、もう少しマシな顔をした0系が出ているようだが、当時はこの有り様。
これじゃとてもひかり号ではない。
ということで、改造したのだった。

ふた昔近く前の事なので、記憶が定かではないのだが、
顔である先頭回りには極力手を入れたはず。
ホンモノでは連結器が中に入っている丸いカバーはプラ板を積層にして削って仕上げた。
勢い仕舞いには、
中間車両を追加し6両編成にして、中間車両すべてに単三電池を2本づつ装備し、四駆のモータに装換して電源は直列に繋いで走らせるという無茶な事をしていた。全部がコードで繋がっているので連結で外れない。
横には持てないので、死んだヘビをぶら下げているように持ち運びした記憶がある。

通常レールのコーナーなど曲がれるわけもなく、大径のコーナーレールにじんわりとバンクをつけて走らせたが車体が軽いので飛んで行ってしまう。それにパワーが有りまくりで駆動輪が空転するので、先頭車両に20号のオモリを2個付けてなんとかしのいだりしていた。
今となってはこれ自体が、ノスタルジーを感じる子供との思い出である。
それが、
電動リールとなり、ワカサギを釣り上げる事になるとは、0系さんは思わなかったことだろう。

お貸し出し用に変更

貸し出し用にちょいと改良する

DSCN3420_resize1.jpg

スナップ付いてないとやっぱり不便だろうと・・・
DSCN3421_resize1.jpg


スナップ付きに変更
DSCN3423_resize1.jpg


あんまり好きじゃないんだけど仕方ない
DSCN3424_resize1.jpg

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

新幹線0系簡易型ワカサギ用電動リール

新幹線0系プラレールを使用して
 誰でも使える簡易型ワカサギ用電動リールを製作



CIMG5976_resize1.jpg


スイッチ類が多いと初めての人には使いにくいので、初めての人に渡しても迷わずに使えるようにデチェーンする。

巻き上げスイッチとラインのフリー機構の2系統のみで製作。


・電源電圧は既成のプラレールの電圧そのままで製作。
 (モータスピードは可変させない、巻き上げスピードは固定)

・巻き上げはプッシュスイッチひとつ。

・フリー機構はレバーひとつ。

・安全のためキルスイッチは付ける。
 (プッシュスイッチで尚かつ巻き上げスピードも遅くしているが安全のため付ける)

こんなコンセプトで製作しました。


CIMG5969_resize1.jpg

CIMG5970_resize1.jpg
スプールはいつもの、内径50φ外径40φ厚さ0.3mmのプラ板で、23φ4mm圧のホイールをサンドイッチする構成。
ラインストッパーは2ヶ設置。


CIMG5968_resize1.jpg
脚が出ている以外はほとんどプラレールのまんまの外装。
0系特有の丸みを帯びた先頭形状により、アタリがやわらかくこれは持ちやすい。

操作方法は、マウスを握るように右手で持ち、人差し指でレバー操作とスイッチングを行う。



CIMG5972_resize1.jpg
既存のレバースイッチは、ギアのフリー機構のみ行い、巻き上げはプッシュスイッチで行う。
使い勝手を考え、プッシュスイッチも指を離せばOFFとなる物を選択。
初めての人は1本竿が効率がよいので、二本竿用の自動巻き上げは付けない。


CIMG5973_resize1.jpg
電源電圧はそのまま単二形1.5V使う。重いようなら、単二形と単三形は長さが同じなので、
単三形に段ボールなどを巻き、径を太くして使用すればその分軽くなる。


CIMG5974_resize1.jpg
無駄な装置だが、本来のプラレールとして働いていたときの前方ライトを後付けしていたので、
そのまま使用し、巻き上げ時に点灯するようにしておいた。

正直、電源の無駄。

重 量
ラインと単二形電池で158g。安定重視。
CIMG5979_resize1.jpg

ラインと単三形電池で116g。
CIMG5980_resize1.jpg

単二形電池だけで49gもある。電池一個で軽量型よりおもい。
CIMG5981_resize1.jpg





外部電源DCコネクタの取り付け

やはり巻き上げが遅いので、外部電源の3V電池ボックスを取り付けられるようにする。
初めてこの電動を使用する不馴れな人でも、
キルスイッチが入っているので、ハイスピードゆえに巻き上げすぎても止まるだろうから仕込むことにした。

車輌本体の電池ボックスはそのままなので、1.5v/3.0v共用と言う事になる。



DCコネクタ
これも大小いろいろなサイズがあるので、すべて同一サイズでそろえている。
外部電源の電池ボックスからの、オスジャックは電池ボックスの数だけでよいが、メスのコネクタの方は電動リールに仕込む数だけいるので、多めに買っておいた。
CIMG6019_resize1.jpg

CIMG6022_resize1.jpg


電池が抜けたので、重量はライン込みで90gとなった。
CIMG6024_resize1.jpg

外部電池ボックス込みの総重量は170g。
CIMG6025_resize1.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。