スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DD51北斗星 プラレール

DD51北斗星

プラレールの動力ユニットの部品取りで物置を漁っていたら、DD51を北斗星仕様に改造していたプラレールが出てきた。
ノーマルは確かウヲームギア仕様だったような?違ったような?ギアユニットごと当然のように高速ユニットに換装しているからわからない。
奥側にあるように、今は北斗星仕様が発売されているようだが、当時はオレンジ車体のやつしか無かったのでそれをベースに改造した。北斗星仕様があれば楽だったろうな、特に金色のラインが・・。

DSCN5314.jpg

DSCN5310.jpg


まあアレだ重連仕様だから2両ある。
正確な理由は忘れたが動力ユニットは2両目に積んだ。
先頭車両はライト専用電池ふくめての装置を付けたから、ユニットが入らなかったからなのか?ふた昔以上前のことなので忘れた。
ただそうなると、プラレールノーマルの連結器では、後ろから前の車輌を押すことは出来ないので連結器は新造した。5mmのプラ棒を立方体にしてジャイロのような上下左右に動く仕掛けを作って対応した。
基本的に両車輌は当然外れない。厳密に言えばステン線を引き抜けば外れるのだが、ぶっ壊れやすいから繋げたままだったような。

DSCN5765.jpg


先頭車両は極力手を入れたが、諸々紛失していた。
手すりはステン線と真鍮線の手曲げで対応。
どう考えてもめんどくさそうな作業だが、当時はまだ目が利いたから出来たのかも知れない。

DSCN5762.jpg
スポンサーサイト

スイッチ配線関係 完成

スイッチと配線関係
CIMG5475_resize1.jpg
CIMG5503_resize1.jpg
センタースプル方式のため、左右どちらの手でも使えるので、プッシュスイッチを左右に取り付ける。
これは部品取りで家にころがっていた物を流用、たぶんカセットデッキか何かに使ってあったもの。

CIMG5477_resize1.jpg
穂先を付ける市販のジョイントを取り付けるためのプラ棒をセンターから伸ばす。
角のプラ棒しかなかったので市販のジョイントに合うように削った。

CIMG5498_resize1.jpg
市販ジョイントの取り付け。手に入ったのが5mmφだったのですべてそれで行くことにした。
スムーズな落とし込みのため仮にラインを張り、ガイドとラインが一直線になる場所を探る。

CIMG5510_resize1.jpg
CIMG5511_resize1.jpg
単三型電池ボックスの配置
さすがに中には入らないので、底に付ける事にした。

CIMG5501_resize1.jpg

CIMG5543_resize1.jpg
キルスイッチも当初埋め込みにしていたが、スイッチ自体が不調だったので横置きに変更。DE10の手すりの隙間にジャストフィット。
バックラッシュ対策でスプルからのガイドライン(白い筒)も内部へ設置。

CIMG5547_resize1.jpg
配線の処理。プッシュスイッチ2つとレバースイッチ1つ、切るスイッチを組み込むと、それなりの配線になる。このあと外部電源用のDCコネクタも組み込む。
基本プラレールの外装まんまなので、開け閉めは楽。

CIMG5551_resize1.jpg
PEラインを巻き、スプール周りに不都合がないか確認。

CIMG5545_resize1.jpg
2CR用の電池ボックスを入手したので単三型電池ボックスを止めて、2CR仕様にする。
耐寒性は良いとしても、電圧が3Vに上がったのは良くないかも知れない。たぶん巻き上げが早すぎる予感がする。

CIMG5645_resize1.jpg
DCコネクタの取り付け

CIMG5647_resize1.jpg
CIMG5650_resize1.jpg
プラの宿命として、落とせば必ず沈む。
水没防止対策として外部バッテリーにすることで、水没防止装置を兼ねる方が安全かも知れない。

とりあえずDE10型電動リールはこれにて完成

スプール 一式を組み込む箱の改造

プラ箱の改造

CIMG5443_resize1.jpg
DD15をDE10に改造途中で ほって置いたプラレール。
駆動部分や電池部分などすべて取り払ったスケルトンの状態です。

これに先ほどのスプール一式を組み込むのですが、センター方式(スプールが箱の真ん中で、穂先も中心に)にしたいのでちょうど良い位置を思案する。

CIMG5453_resize1.jpg

電動ワカサギリールの場合、いかにスプールをフリーにするかというのが各方式で工夫を凝らすところで
この出来がその後の操作性や使用できるオモリ負荷などを大きく左右するところ。
シャフトには転がり抵抗を減らすため、これもミニ四駆関係のベアリングを仕込んでいます。

CIMG5454_resize1.jpg
好都合なことにDE10に改造してあったので、操縦席が端に寄っていたのでそこへスプール一式を組み込むことにする。

CIMG5460_resize1.jpg
プラ加工の気楽さで適当に穴を開ける。これはプラならではの利点。

CIMG5462_resize1.jpg
中側からのスプール一式。
DD15からDE10に改造している時の苦心がそこかしこに見える。

CIMG5463_resize1.jpg
当初スプルー一式を完全に箱に埋め込もうかとも思いましたが、ラインストッパーなどにラインを掛ける手間や、指で
スプルーを押さえたり回転させることも考え、スプールを上に少しのぞかせることにした。

CIMG5467_resize1.jpg
モータのシャフトにゴムを付け、直接スプールに押しつける方式が一般的ですが、ギア駆動にこだわっています。
モータは後ろに置き、シャフトで駆動することにしました。

CIMG5468_resize1.jpg
シャフトを水平移動させることでフリー機構を作り出す。

CIMG5491_resize1.jpg
ギア同士が噛み合う力が足りないので、バネで押しつけ力を調整します。
弱いとギアが跳ねて上手く巻き取れず、余り強すぎてもこんどは回らなくなるか、モータに負荷を与えて具合が悪いので、ここの調整がこのシャフトで駆動するタイプでは難しいところです。
写真はフリーの状態。ここからスイッチを入れればオートでギアが入ります。

CIMG5489_resize1.jpg
ギアが噛み合っている状態。


【スイッチ配線関係へ】

スプール製作

スプール
スプルー製作
自作電動によく見られるミシンのボビンを流用すると巻き取る径が小さすぎるので、まずはスプールを自作する事から始める。
材料は、自作電動でありがちなミニ四駆関係の部品を流用。
アルミのスプールは百均で探したもの。

CIMG5442_resize1.jpg
サンドイッチするのは自作工作プーリーとして売られている物。
ゴム掛け駆動の電動リールを製作している人がよく使用していると思います。

CIMG5447_resize1.jpg
この白いプーリーは接着できないので、とりあえずラインが隙間に入り込まないようにエポキシで接着して
尚かつ穴を利用して、そこにもエポキシやプラモ用の黒い瞬間接着剤を流し込み、機械的接着を高めています。


【スプール一式を組み込む箱の改造へ】

DE10型電動

DE10型ワカサギ用電動リール
DF10型電動

ギア駆動センタースプール方式でワカサギ電動リールをつくってみた。
電動リールを格納する箱は、手元にあったプラレールのDE10を流用。
いま現在は既成でプラレールのDE10が発売されていますが、昔はDD15しか発売されていなかったので
DD15を改造してラッセルヘッド付DE10のプラレールを作ろうとしたまま頓挫した残骸を使用してみた。
木材は加工が面倒なのでソッコー却下、やはり手なれたプラに決定。

2CR内蔵と外部電力両用。

自重は2CR電池込みで95g。


CIMG5792_resize1.jpg


【スプール製作へ】
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ジーニ助

Author:ジーニ助
ワカサギ用電動リールの製作記です。
自己管理用なので参考になるかは分かりませんが、製作の一助になれば幸いです。このプラレールの機構を使用した方法を推奨しているわけではありませんので製作に関しては自己責任で願います。

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。